2018年5月15日号。<わが精鋭たちと海軍精神でカヌーを漕ぐと、今朝はいてていてていてて(泣)>。

  • <撤去の京大タテカン、取り戻し狙う?大学が110番通報>
  • <米大使館エルサレム移転/抗議活動に軍発砲/55人死亡>

 

 4時起床。
 全身が痛くて、ロボットみたいにしか歩けない。左の肋骨が折れていて、腰もやらかしているからだろうと思っていただくのが当然だが、関係ない。そんな状況で、もっと馬鹿なことをしたからである。これについては、あとで報告しましょう。

 テキトーといういい言葉がある。国家には法というものがあるが、それと現実の隙間がテキトーである。このテキトーの凄味を感じたのは、あのすばらしい兵庫のいくさの時であって、選挙ではテキトーは通じない。テキトーにやったひとは当選してもそのあと逮捕される。「この喫茶店でのスタッフのコーヒー代は、どうなんだ」といつも考えるのである。天才的な選挙参謀の高橋「ヨロン」茂さんが。引っ張ってわるいが、昨日まで一緒にいて、一緒にアホかということをしていたので、やっとわかった。こういうヒトを頼ったのが間違いだった。存在そのものがテキトーだったのだ(笑)。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。