2018年5月8日号。<日にちがかわると並べるのがルール。それを待ってインクの匂いをかぎつつ、自分が書いた記事を読んだ書店であった>。

  • <米朝首脳会談でトランプがおちいる本当の罠>
  • <中国大連に要人訪問か/北朝鮮高官との見方も>
  • <青山ブックセンター六本木店が閉店へ。創業の地で38年の歴史に幕>

 

 4時起床。
 寒い。さきほどまでは冷たい雨が降っていた。私は時代小説が好きだ。その中でも、天候について書く作家を好む。江戸で雨に出会った、などというのではなく、いまから少し先のころ、東北の田んぼの上に冷たい雨が降っている、と描写するだけで、冷害が来るのかなと、読者は思う。米資本主義であった時代では、それはそのまま、政変をも意味する。その地域だけではなく、ひょっとすると国家レベルの。日本国の歴史はそうやって動いてきた。好む、好まざるにかかわらず、私たちはコメを中心とした農業民族なのだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。