2018年1月25日号。<列島、どこから噴いても不思議ではない。北海道の畑の中から起きた噴火を記した本を作ったことがあった>。

  • <米作家アーシュラ・K・ル・グウィン氏死去>

 

 3時半起床。
 100を超える国を歩いていると、多くの日本人よりはさまざまな天候に接しているだろう。風雨はたいしたことはない。衝撃を受けるのは気温である。よく紀行文などで「身体を包む空気が」などとあるが、ああ、ぬるいところを旅しているのだなあといつも苦笑する。私もそういう場所ではそのように書くに違いないが。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。