2018年1月18日号。<「統一」といえばあの宗教。ソウルの合同結婚式も取材した。今でも使われている桜田淳子さんのショットは名作と(自慢)>。

  • <伝える/命守るため/阪神大震災23年/私の天職、あの赤ちゃんがくれた>
  • <立憲民主・枝野代表/民進衆院との統一会派検討/提案あれば>
  • <英国で「孤独担当相」新設、現代社会の「悲しい現実」に対処>

 4時半起床。尼崎市の自宅。
 阪神淡路大震災から23年。やっと「そこから生まれたもの」のことも語られるようになってきた。歴史を学んで来ると、関東大震災でも大東亜戦争でも、ひとびとの中で悲劇が咀嚼されて「でも、こういうこともあったよね」とこそっと言い始めるには、それほどの時間がかかるのだ。人生が50年であったころも、80年90年になった今もこの時間はかわらないのが興味深い。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。