2017年12月24日号。<11歳の小学生が抜群の直感力で朝日新聞の「声」欄で指摘した「民主主義の罠」とは>。

  • <日本の「失われた20年」は韓国にも到来するか>
  • <作家の葉室麟さん死去/「蜩ノ記」で直木賞>
  •  <移籍先探すイチロー「売れ残った大きな犬みたい」>

 

 3時半起床。耶蘇生誕前夜祭。
 ここのところ街に出ると耶蘇生誕前夜祭曲がよくかかっているが(くどいって)なんだか賑わうのを観ていると私の頭の中には北島三郎さんの「まつり」がぐるぐる回るので、どこまで偏屈なのか。歌詞は「祭りだ祭りだ祭りだ豊年まつり」。農耕民族である日本人にとっての「祭り」は収穫祭であって秋なのだ。先日も書いたが、太陽の動向に一喜一憂している人々とはやや違う。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。