2017年12月7日号。<人生最初の恩師、逝く>。

  • フーシ派のミサイルを撃ち落とせなかったPAC3は頼りになるのか>
  • <北都銀行がブルーリボンバッジ着用/窓口の女性行員、全国初/拉致被害者救出へ北朝鮮人権侵害啓発週間に合わせ>

 

 3時起床。というか、とるものもとりあえず、飛び起きた。
 なんとなく目が覚めたので、まだ誕生日おめでとうメールでも来ていないかと携帯をいじっていると、母校の灘校でわが地学部の顧問をして下さっている先生からのメールがあった。私の時代は「大不在時代」と呼ばれていて、キ印集団の顧問を先生がたのだれもが引き受けることを拒んで、私を中心した独立愚連隊だったのだ。だが、地学を辱めないという規律は自主的に厳しかった。酒は呑みまくっていたけどね。それでも統制があったのは最初の1年、つまり私が中学1年生の時の顧問に、優しくしかしはっきりと「地学精神」をたたき込まれたからである。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦のxxな日々。』

コラムニストの勝谷誠彦が、365日(1999年より実績)原則として毎朝10時までに配信する5000字におよぶ有料配信メールです。日記とはいえ、その日一番新しいニュースに対する勝谷独自の切り口によるコメントが満載です。酷い鬱のときも出し続けた「魂の日記」をぜひご購読ください。

1ヶ月以上続けてご購読頂く場合、ご入会月は無料となります。