2017年7月30日号。<大先輩のタイトルを借りる。一粒の麦、もし死なずば>。

  • <初の民間宇宙ロケット/打ち上げに向け最終調整>
  • <日曜に想う/一粒の麦、もし死なずば/編集委員・福島申二>
  • <北朝鮮「ICBM/2回目の発射実験に成功」>
  • <悠真くん、咲良ちゃん人気/上半期赤ちゃん名前>

 

 3時起床。
 ギリギリまで発射成功のニュースを待っていたのだが。これを書いている間にも、そうなるかも知れない。
 <初の民間宇宙ロケット/打ち上げに向け最終調整>
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080451000.html
 <北海道のベンチャー企業が単独で開発した全長10メートルの宇宙ロケットは、午前6時半ごろ打ち上げられる予定でしたが、不具合が見つかり、現在、打ち上げに向けた最終的な調整が進められています。成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達となり、今後、超小型衛星などを使った宇宙ビジネスが日本でも広がるきっかけになると注目されます。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。