2017年7月22日号。<元気になって今日帰ります。シメはやはり私らしい紀行文で>。

  • 日記
  • <「お連れ様はどちらですか?」妻に先立たれた男性、客室乗務員の対応に>

 

 2時起床。バンコク。
 というか、きれぎれにしか眠れていない。ご存じのように今回のホテルは歓楽街にごく近い。とはいえ通り一本をはさんでいるので、まあ大丈夫だろうという考えは初日の夜にあっさりと覆された。近くでやっているのか、通りの向こうから流れて来るのか、私が起きて日記を書き始めるころまで大騒ぎの音楽や叫び声が聞こえて来るのだ。とはいえ耳栓をしているとなんとか寝ることはできた。
 昨夜は違っていた。騒音のレベルが違う。ほとんど狂ったように叫び声が聞こえ、音楽の音量も種類の数もこれまでとは段違いだ。ときどき緊急車両の音がそれらを切り裂いていく。乱痴気騒ぎと言っていい。何なんだ今夜は、と考えて思い当たった。週末なのだ。金曜日の夜。聞こえてくる言葉に耳を傾けていると、欧米のそれが多い。タイの人たちよりもウィークエンドに対する思い入れがあるようで、今度は商売になるから店の方もボリュームをあげる。というわけでした。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。