2017年4月1日号。<ルンとニャン>。

  • <インターネットの歴史>
  • <朴前大統領、拘置所での生活は?>
  • <鬼界カルデラで巨大溶岩ドーム確認/神大など>

 

 3時半起床。
 ♪ルンバかわいいや~、かわいやルンバ~、とずっと書いてきた。実際にかわいくて仕方がない。朝日新聞あたりは、大学などの研究成果を軍事技術には応用しないと、あってもなくてもいい日本学術会議が決めたと嬉しそうに大々的に報じている。
 http://digital.asahi.com/articles/ASK3777PZK37ULBJ01S.html
 <日本学術会議の「安全保障と学術に関する検討委員会」(委員長・杉田敦法政大教授)は7日、大学などの研究機関の軍事研究に否定的な新声明案を了承した。科学者を代表する同会議にとって、軍事研究をめぐる半世紀ぶりの声明で、軍事研究を禁じた過去2回の声明を「継承」した。軍事と民生の研究の区別が難しくなる現実を認めつつ、大学や学術研究への政府の介入の度合いを強める懸念がある軍事研究に疑問を呈する内容だ。>
 いささか「軍事を知る」私としては「馬鹿じゃないの」だ。人類の技術の進歩はほとんどが戦争とともにあった。人間、命懸けになると何でも考えつくのである。人類の月への道をひらいたのは天才としか言いようがないロケット学者のフォン・ブラウン男爵だが、彼はアメリカに渡る前はナチスドイツの親衛隊少佐だった。V2ロケットを開発して、ロンドンにぶち込んでいた男である。そもそも、こうやって私がこの日記の配信にために使っているインターネットにしても、ご存じのように、もともとはアメリカの国防総省が原型を開発している。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。