2017年3月22日号。<おなじみ韓国劇場いよいよ開幕。主役が「将軍の娘」なのも韓流ドラマらしくてなかなか>。

  • 日記
  • <韓国/パク前大統領の事情聴取終了>
  • <沖縄の米軍基地反対運動/「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁>

 

 4時起床。
 雨なので散歩をやめたと書いた。散歩はともかく恒例の病院通いもするつもりだったが中止。とはいえ一日ひきこもっているのもいかがなものか。ある目的をもって、晩飯を早くすることにして出かけた。近くの『アジャンタ』だ。
 http://www.ajanta.com/
 この店について書くのは3度目。前回は2013年と去年である。読み直してみると、その時に描写にくらべてどんどん歳をとって行くなあと驚く。まず『ソワニエ』の原稿を書き上げた。店でワインを呑みたいからである。「呑んだら書くな、書いたら呑みな」が私の座右の銘だ。店は歩いてすぐなので、杖をつかずに傘だけでもなんとか。『アジャンタ』はインド料理の店だ。カレーなどというのは、私の食の嗜好からもっとも遠いものだが、今書いたようにその店で売っているあるものが欲しかったのだ。申し訳ない言い方だが、ご飯はおまけ。ちなみに昔、スリランカを一周した時は飯と言えば「カレーしかない」状態で、死ぬかと思った。
 買いたかったのはトウガラシである。どういう製法なのかトウガラシを刻んでおそらくは胡麻油を加えて煎り付けただけのものなのだが、調味料として抜群だ。それをまことにバッタもの的なプラスティックのケースに入れて売っている。それが、またいい。自家製なのだろう。大量に流通している工業製品とは比較にならなく、カップ麺でもこれを一匙いれると、立派な料理になるという不思議。切れたので買いに出かけたのだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。