2017年2月14日号。<本日はバレン…もとい、「空の神兵」によるパレンバン落下傘降下、制圧の日であります>。

  • <パレンバン落下傘部隊/26歳の死/記憶消え行く戦後70年>
  • <「挺身隊」との混同/当時は研究が乏しく同一視>
  • <日韓スワップ交渉停止で都合の悪い真実とは>
  • <北朝鮮の挑発/日米韓のゆるみを正せ>
  • <日米首脳会談、70%が評価/世論調査  >

 4時起床。尼崎市の自宅。
 世間では今日は毛唐伝来男女甘味贈収賄日らしいが、そんなもの知ったことか。私のように甘いものが一切食べられない人間の人権を侵害している。食べなければ人非人のように言われる。なぜ人権屋は声をあげないのだろうか。私にとって2月14日は、なんといっても「空の神兵」の日なのである。昭和17年2月14日、大日本帝国陸軍挺身部隊は落下傘をもってパレンバンに降下、2000人の英蘭兵を蹴散らし、制圧した。
 <パレンバン落下傘部隊/26歳の死/記憶消え行く戦後70年>
 http://www.jakartashimbun.com/free/detail/25979.html
 <スマトラ島南部にあるパレンバンには、オランダ植民地時代にインドネシアの85%の石油を生産していたプラジュ油田とロイヤル・ダッチ・シェル製油所があった。資源のない日本が戦争をする上で油田を制圧し、石油供給基地を確保することは、日本軍の南方作戦における最も重要な戦略目標だった。>

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。