2017年2月5日号。<カンボジア、今が旬だと思う。ぜひ来て下さい。これからシンガへ>。

  • カンボジア日記
  • 稲田?マティス会談の主役はやはり「中国」だった

4時起床。シェムレアップ。
この夜明けの鳥の声に慣れてしまうと、日本に帰ったあとの朝が寂しいような気がする。軽井沢では愉しむことができるが、鳥の声がするのは完全に夜があけてからだ。ところがこちらではまだ暗いうちからさえずり始める。「鳥目」というくらいだから、そんな時刻に大丈夫なのかと心配にすらなる。
どうしてかな、と考えていてなんとなく思いついたのが気温だ。熱帯のカンボジアでは軽井沢に比べて朝の気温が圧倒的に高い。だから鳥たちも動き出すのではないか。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。