2017年1月7日号。<駐韓大使。「一時帰国」ではなく「召還」すべき。もはや国家のカタチをなしていないのだから、つきあう必要にあらず>。

  • <高齢者「75歳から」学会提言/65歳以上「准高齢者」>
  • <韓国駐在の長嶺大使ら一時帰国へ/少女像設置で対抗措置>
  • <男児の夢、学者・博士が2位=ノーベル賞効果で急浮上/第一生命調査>

4時起床。尼崎市の自宅。
17時便に乗って18時25分に伊丹着。ANAはお約束のように遅れる。年に何回か早く着くことはあるが、遅れるなら遅れる時刻を定時にしておいてもらえると助かるのだが。私はお抱え運転手のYさんに待ってもらっているのだが、彼は普通のタクシードライバーなので、その間、稼げないのだ。にもかかわらず、律儀なYさんはメーターを倒さずに待っていてくれる。「今日はちょっと遅かったですね」と言われるとズキンと来る。
弟一家とようやく一族の年始をする予定だったが、診察終わりまで若干時間がある。部屋で本でも読んでいればいいものを、それができない。近くの立ち呑みに行く。いきつけのところがまだ閉まっていて、こういう時に必ず寄る、隣へ。立ち呑み屋が軒を連ねて並んでいるのが尼崎というものである。コップで日本酒を一杯やったあと、約束の店に移動して、弟一家と合流した。逆流性食道炎も乾癬も劇的に改善したと言うと「それは酒を減らしたからや」と。そうではないことをいちばん知っている私は心の中で舌を出すが「そうやねえ」と言っておく。原因は、本人にもわからない。まあ、いいことではある。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。