2017年1月6日号。<今日もたむろっている「基地外」の方々と沖縄県知事に「オスプレイの航続距離」についていきなり質問、カメラ回さない?>。

  • <欠航に立腹、中国人乗客ら新千歳職員ともみ合う>
  • <TOKYO MX「ニュース女子」が沖縄ヘイトデマを垂れ流すなどひどかった模様>
  • <沖縄知事「強い憤り」/オスプレイ空中給油再開 >
  • <「まごころ奨学金」貸与型から給付型へ>
  • <市長、妻と公費海外出張/鹿児島市「慣例」是か非か>

3時半起床。
正月にできた早寝早起きの習慣がなかなか抜けないが、まあいいことではある。昨夜は寝たのは遅かったのになあ。夜の仕事があったからだ。風俗ではありません。
『ダイヤモンド・ザイ』の追加原稿に続いて『Meets』の連載を入れる。どちらも写真つきだ。これがけっこう面倒くさいんですよ。データから選んで送るのが。昔は写真家としてこれで一仕事だったのだが今では原稿の「おまけ」である。「これ、店からのサービスです」。あれ。いや、いいんだけどね。
18時に出て仕事場でマネジャーのT-1君を拾って六本木のスタジオへ向かう。『ニュース女子』の今年最初の収録だ。去年はいろいろあって年末恒例の社員旅行がなかったので、T-1君は当てつけのように北海道に家族旅行をしたそうだ。「いつも南の島に連れていっていただいていたので、たまには寒いところもいいかと」。地獄だったという。旭川の動物園のペンギンのパレードを愛息に見せようとしたようなのだが「寒いね、寒いね」としか言わなかったそうだ。ブリザードの中をペンギンが歩いているのは「ただの『南極物語』ですよ」と。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。