2016年11月30日号。<映像は正直だ。フィデル、かっこいい>。

  • 日記
  • <陛下のお気持ち「示せてよかった」/秋篠宮さま51歳に>
  • <「沈む船には誰も乗らない」/朴大統領、追い込まれた末>

3時半起床。
いくつになっても、何十冊出していても、自著の新刊が届くというのはいいものである。まだそんなに本を出していなかった編集者時代でもその喜びを若干は知っていたので、見本が出るとどんな地方でも自分で持って行った。著者の嬉しい顔を見たかったのだ。雑誌とちがって単行本のセクションは自由になるカネはまずない。だから自費でキップを買っていったものだ。
著者に一冊、自分のために一冊。自分の一冊はあとから会社の直販部にカネを払った。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。