2016年11月21日号。<作家としての私の原点。15歳で出会った『新詩人』について>。

  • 日記
  • <国政介入/検察、朴大統領の共謀容疑立証に自信>
  • <紀子さまと悠仁さまをお乗せの車が追突/けがなし>

4時起床。
日曜日はいちにち本を読んで過ごしていた。家にいる時はハードカバーを優先する。旅の時に、文庫本や新書ならハードカバー1冊分の重さで3、4冊は持ち歩けるからだ。昨日は『詩誌「新詩人」の軌跡と戦後現代詩』を一日かけて一気に読み切った。
http://www.shichosha.co.jp/newrelease/item_599.html
あまりにマニアックですみません。書名を見ても何のことだかほとんどの方はわかるまい。私もよく思潮社はこの本を商業出版として出したな、と驚いた。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。