2016年11月9日号。<死ぬ前に「塾」をやりたい>。

  • 日記
  • <文科省が強く反論/財務省の教職員定数削減案に>
  • <希望の塾/小池百合子政経塾>

3時半起床。尼崎市の家。
物凄く口惜しい。これまでさまざまな修羅場をくぐり抜けてきたが、焦ったことはあってもストレスというものを感じたことがないのが自慢であった。タフだというのが誇りだったのである。ところが「ストレスですね」と医師はさりげなく言った。「ストレスから来る突発性難聴だと思います」。あちらの父上とうちの父が親友であったこともあり、家族ぐるみで交流がある耳鼻科の先生である。ホントに私の左耳は聴こえにくくなっていたのだ。そのこともショック。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。