2016年8月15日号。<この大切な日に、地球のまったく裏側に日章旗が翻る嬉しさよ。英霊もご覧あれ>。

  • <「戦争伝えるため生かされたのに」体験者団体、解散続く>
  • <日本の戦後71年/記憶を新時代へ渡す責任>
  • <キューバのカストロ前議長、90歳の誕生日に公の場に>

3時起床。
今年も8月15日が巡り来た。この日に、地球のまったく反対側のブラジルでは五輪が華やかに開催されている。かの国を愛し、幾度も訪問し、文章にしてきた私にはまことに喜ばしく、感慨もある。今ほど、ブラジルを日本人が身近に感じたことはあまりないのではないか。しかし、戦前、ブラジルは日本国にとってまことに重要な国であった。少子化などという言葉が妄想のように、小さな列島に多くの人口があふれていた。島を出るしかなかった。行く先が、ブラジルであった。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。