2016年7月3日号。<明らかにダッカでは日本人が狙われた。これは戦争である>。

  • <日本人7人死亡/ISが犯行声明>
  • <バングラの立てこもり、犠牲者20人/全員が外国人>
  • <民進・岡田克也代表、さっそく政府対応を批判>

3時起床。尼崎市の自宅。
これは、戦争だ。
まだ確定はしていないが自称イスラム国(IS)は本格的に日本国に対して攻撃をしたと私はまず思った。「軍事を知らない」ものの善良な多くの国民はまだピンとこないだろうが、安保法制を戦争法と呼び、憲法9条を祀っていれば誰にも攻撃されず、米軍はとっとと沖縄から出ていけとわめいている方々は、今回起きたことをどうご覧になるのか、ぜひ聞いてみたい。まずは、途上国を助けるという日本国の義の旗を高々とかかげたまま、異国の地にたおれた同胞たちのご冥福を心から祈る。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。