2016年4月3日号。<今からはじまる。軽井沢塾。維新回天はここから>。

  • 日記

4時起床。軽井沢の自宅。
これを書いているリビングに曙光が差し込んで来る。頭上にはロフトつきの寝室が二つあるのだが、なんとなくく圧迫感が。何しろ16歳から18歳までの少年が16人ばかり寝ているのである。あっ、そっちの趣味の方を一瞬とはいえ連想した方がおそらく読者の中で数人はいたであろう。もうそんな体力は…いやいや、また誤解を呼ぶようなことを書いてしまった。その階上の部屋にはちゃあんと坊やたちを引率してきた母校の先生がこのキーボードの音も知らずに寝ているし、向かいの和室にはマネジャーのT-1君もいるはずだ。なぜか恒例になりつつある「灘校生、軽井沢の老人を訪ねるツアー」なのだ。

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。