2016年2月20日号。<2016年2月20日号。『少年の名はジルベール』。ああ。同じ趣味の方だけにわかる陶酔。すみません>。

2016年2月20日号。<2016年2月20日号。『少年の名はジルベール』。ああ。同じ趣味の方だけにわかる陶酔。すみません>。  3時起床。東京の家。  夢という字が私は嫌いなのである。「あなたの夢は」というような取材のオファーを何度も過去にもらった。もちろん断るのだが同時に「この雑誌や番組はアホが作っているな」と頭の中にメモするのだ。私に「夢」を語らせるというのがどれほど失礼なことか。私は「実現可能な未来」しか見ていない。「目的は」と言われるなら答える。もっともその多くは実現しないのだが、実現しないにはそれなりの理由があるのであって、そこを反省していけばいい。反省が重なれば次の実現があり得るのだ。  なぜこんなに簡単なことを学校で教えないのか。「夢」など見ても可能にはならない。いつも書いているが「分際」を知るべきなのだ。ああ、また嫌われるな(苦笑)。「分際」は決して「差別」ではない。「差

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。