2016年2月18日号。<いまの恋人は、ひとみちゃん>。

2016年2月18日号。<いまの恋人は、ひとみちゃん>。  3時起床。尼崎市の家。  ここにいる時は新聞を目の前のコンビニに買いに行くのだが、そこの従業員がまことに気持ちがいい。ありがとうございました、を「ありやした」の支那人であったことはいちどもない。学生だろうか、たいがいは若い日本人の男の子である。オーナーのポリシーなのかなあ。今朝のような時刻に行って働いているのを見ると、昼間の授業に影響はないのだろうかと心配にすらなる。  「早すぎた」と思った。おそらくは私のために(笑)1部だけ入れてくれてある朝日新聞がラックにない。苦笑していると青年は届いたばかりの新聞の束をめくって「ありました!」と大発見したような笑顔を見せる。朝日新聞を見つけてくれたのだ。朝日新聞、肝に銘ずべし。こういうヒトたちによって1部が売れて、それが最悪の読者の手にわたって悪口を書かれるのだよ。わはははは。  どんな分野

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。