2015年8月26日号。<経済対策は病気の治療に似ている。いろんな薬がだんだんと効かなくなって「打つ手なし」へ。支那の余命はいかほどか>。

2015年8月26日号。<経済対策は病気の治療に似ている。いろんな薬がだんだんと効かなくなって「打つ手なし」へ。支那の余命はいかほどか>。  4時半起床。東京は久々の、雨らしい雨。そのせいで静かな朝。  各地の工作員のみなさん、台風15号に関する報告をありがとうございます。印象的だったのが、まことに広範囲に影響を与えているということ。「家の中にいても恐怖を感じた」という方が何人もいた。「会話ができないほどだった」などなど。「通りすぎたかと思ったら、吹き戻しの風が強かった」というのもあった。これは要注意だ。もう大マスコミは忘れたかのように今日は報じていないが、これから明らかになる被害もあると思う。私のもとにはある大物工作員から人的な可能性も送られてきているが、まだ報じられてはいない。吹き戻しでわかるように、これからもしばらくの間は警戒を怠らないでいただきたい。  昨日はなかなか勤勉な一日とな

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。