2015年7月22日号。<すみません。ずいぶん早くに書き上げたのに、遅れました。パソコンがどうにも言うことをきかなくて>。

2015年7月22日号。2015年7月22日号。<すみません。ずいぶん早くに書き上げたのに、遅れました。パソコンがどうにも言うことをきかなくて>。   4時起床。  絶好調である。鬱病はもう治ったと思っていい。いや、これで減薬したりは勝手にしませんよ。そこはご安心を。何で調子がいいのかわからないからね。だけどもともとがよくなったところにクスリ(このカタカナ感が田代某にみたいでいい)が入ってよりハイになっている感覚があるくらい。  それにしても。鬱病で何年も苦しんでいる人が周囲にもいる。一進一退である。なんで私はこんなに早く抜けるのかというと「根性」ではないかと(笑)。また根拠のないことを言って申し訳ないのだが「鬱病?ナメとんのか!」という「根性」はあるんですよ。絶対にこいつを追い出してやすろうと。鬱病と長く付き合っている人を見ていると「私にもダメなところがあったのかも」的な考え方をする人が

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。