2015年7月21日号。<「ちょっとちがう」。亡き天才詩人少女に哀悼。私も「ちょっとちがう」ので>。

2015年7月21日号。<「ちょっとちがう」。亡き天才詩人少女に哀悼。私も「ちょっとちがう」ので>。  3時半起床。尼崎の家。  久しぶりに帰ってきた。尼崎に泊まることはあっても、ひとりでいる自信がなくて(これも凄い話だな、今となっては。自死の可能性を考えていたんですよ)実家にずっと泊まっていたので、自分の家に戻るのは3カ月ぶりほどなのである。ゴミもそのままにしていた気がしていたので、夏になって温度も上がって…とこわごわ部屋をあけたが、ちゃんと棄てていてホッ。そうとうわかると、この家はまことに快適だ。ホント、真剣に東京をやめてこっちに引っ越したくなる。  昨日は『ザ・ボイス』をいい調子でやってのけたあと羽田から伊丹へ。夕食をどうしようかなあと考えていたのは、祝日だからだ。はたしていきつけの居酒屋は休みで、こういう時もやっているチェーン居酒屋に行く。日本語、ほぼ通じず。相手は日本人なんですが

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。