2015年7月7日号。<カッケー、になっちゃいました。まったく次から次へいろいろあるなあ(笑)>。

2015年7月7日号。<カッケー、になっちゃいました。まったく次から次へいろいろあるなあ(笑)>。  4時起床。七夕。尼崎の実家。  牽牛と織女が年にいちど出会うこの日に、私はいまいちばん願っていたひとと再会する。鬱病のくせにちょっとわくわく(笑)。  行きました。女子医大に朝の10時半に。11時の受診なのになんでこんなに早くにと思っていたが、行ってわかった。弟の紹介なのだが、偉い先生なのである。神経内科の教授。私の前の患者を診察している声が漏れ聞こえて来るのだが、実に懇切丁寧。なるほどレントゲンなどに写らない「自分で訴えるしかない」症状を診る神経内科とはそういうものなのかと、ずいぶん予定時刻よりも待たされたが感心していた。  私も長い問診を受けた。爪楊枝で足を突ついたりする。皮膚感覚の麻痺を見ているのである。昔、私はそれもあって、左足の足首が上がらなくて補助具を使っていたこともあった。だ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。