2015年7月1日号。<ギリシャのデフォルト、うるう秒 なんとなく身近にありそうでない騒がしい朝>。

2015年7月1日号。<ギリシャのデフォルト、うるう秒 なんとなく身近にありそうでない騒がしい朝>。  4時起床。東京は雨。  しとしとと降る雨の中をコンビニまで散歩に行ってきた。今日は比較的足が出る。こう動けると神経内科の受診なんていいかなと思うのだが、今回ばかりはちゃんといろいろと調べてもらおうと思う。  励ましのメールをたくさんありがとうございます。そんな中にいくつか「人間が一生のうちに書ける文字量というのは決まっていて、満杯のコップの水が最後の一滴でこぼれるような状態ではないのか」というようなものがあり、なかなか得心が言った。確かに。書きなぐり過ぎてきたかも知れない。そもそもスタートが早い。15歳のころからだ。それから今までの40年間に書いた文字の総量というのは、ちょっと世界的に見ても珍しいのではないか。  以下400字詰め原稿用紙にしてだが、この日記だけで年間数千枚ですよね。同じ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。