2015年5月31日号。<なぜかくも毎日「地学屋」がコーフンするようなことが起きるのかねえ>。

2015年5月31日号。<なぜかくも毎日「地学屋」がコーフンするようなことが起きるのかねえ>。  3時半起床。  確かに私はいつも「不幸な出来事」の時ほどよく喋る。しかし天変地異に関してはあまりそれをしたくないなあ。とはいえ、またも当たってしまっている。  <繰り返すが私が言っている「プルームテクトニクス」理論からすれば当然のことなのだ。>  <東日本大震災でもわかるように「地球は正直」でもある。ある一定の周期でなにごとかが起こる。起きないでいるのは偶然であって必ず備えをしておかなくてはいけない。>  昨日、私はこう書いた。何ですかね、素人とはいえ地質屋というのは「何かありそうな時はゾワゾワした感じ」があるのですよ。天文屋の方々にもあるらしい。気象屋はもっと顕著で、気圧の変化を感じるともいう。いずれも「地学屋」だ。地球というのは対話が出来る相手なのである。それを私は無理やり理論化しようとし

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。