2015年4月30日号。<サイゴン陥落40周年。あの時代の「ホンモの記者たち」の伝説を受け継ぐ、私は最後の世代かも知れない>。

2015年4月30日号。<サイゴン陥落40周年。あの時代の「ホンモの記者たち」の伝説を受け継ぐ、私は最後の世代かも知れない>。  4時起床。  街が「しん」としている。  私は今日はまったく「普通に働く日」のつもりだったのだが、ひょっとして半分くらいの方は黄金週間に組み入れてしまっているのではないか。いいことだ。何だか「豊かな日本国」が戻ってきたようで。私も心が広くなった(笑)。昔だったら「日本人も怠慢になった。もっと働けよ!何やってんだよ」とかここで書いていたに違いない。最近「ま、いいか」という境地になってきたんです。歳をとるといいこともある。  とはいえ、いくら何でも最近の私は「自由度」が高すぎるのではないかと、周囲から心配の声…など聞こえてこない。「もっとやれ」と煽る連中ばかりである。マネジャーのT-1君の座右の銘は「おもろ」であって「おもろ」だけで人生をオノレが生きるのはいいが私ま

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。