2015年4月5日号。<子どもたちをつ連れて軽井沢に>。

2015年4月5日号。<子どもたちをつ連れて軽井沢に>。  3時起床。軽井沢は雨。  ああ、こういう時のためにこの家を作ったのだなあと。20人ほどの「子どもたち」が寝ている。貸し布団を借りた。このためにわざわざマネジャーのT-1君も来ている。みんな少年だ。私の性癖から即座に連想してソッチの方に行った方は反省しなさい。先生もちゃんと来ています(笑)。  春休みなのですよ。考えてみれば。少年たちは次のステップに行く、もっともドキドキする時だ。私はそうであった。彼らのひとりが言った「もう高三なんですよ」。この連中の「高三」はなかなかなものだ。東大に行くか、行かないか、だからね。  灘校生からものすごく難しいメールを貰ったのは3ヶ月ほど前だったろうか。プリントアウトして読み直したが、何を言っているのかよくわからない。おそらく彼の頭の中も混乱しているのである。T-1君に渡すと「アホですね」とひとこと

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。