2015年1月30日号。<同胞が必死に闘っているなか、馬鹿踊りをしている売国奴どものことをしっかり覚えておこう>。

2015年1月30日号。<同胞が必死に闘っているなか、馬鹿踊りをしている売国奴どものことをしっかり覚えておこう>。  3時半起床。京都。  ニュースで「雪かも」と言っていたので私が愛してやまない白い京都と出逢えるかと期待していたが、残念ながらそぼふる霧雨。新聞を買いに外に出ると確かに暖かい。これでは雪にならないな。  烏丸御池の宿である。昨日、ここで講演をしたのでそのまま泊めていただいた。夜明け前に新聞を買いに出る。肩を濡らしながら歩いていると背後から誰かが来る。咄嗟に左に飛んで最初の一撃をかわしながら右ストレートをいきなりかな、などと考えるのが馬鹿である。左には飛んだが、振り返って殴るのはやめたのは相手がホテルの制服を着ていたからだ。ベルボーイだ。「傘をお持ちしました」と。息を切らせている。もともといいホテルではあるのだが、客が出て行くのを見て自分の判断ですぐにできるところが、日頃の教育

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。