2015年1月22日号。<愛する祖国に「苦渋の決断」をさせることがないよう、私はこんなメモを残してきた>。

2015年1月22日号。<愛する祖国に「苦渋の決断」をさせることがないよう、私はこんなメモを残してきた>。  4時起床。尼崎の実家。  土砂降りの雨がさきほど、いきなり上がった。もっとも「灘校地学部気象班中興の祖」である弟は気象図を睨んで「またすぐに降るよ」と。身体を診てもらう時だけでなく、いろいろなところで役に立つ男である。今日は博多へ新幹線で移動しなくてはいけないのだが、飛び込んできたニュースで新大阪と京都の間で沿線火災のために止まっている。昼過ぎまでに動くのかどうなのか、どきどき。  昨日は珍しく何もない一日。というか、いちど東京に戻るのは無駄だと思って、尼崎にとどまることにしたのだ。実家の座敷牢で『日経パソコン』『ソワニエ』と書き上げる。いずれも締め切りよりもかなり早い。そのあと小説に向かい合う。実家にいて、昼からビールなど呑んでいると弟が「ほら、時間があるんだから小説やったら」と

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。