2014年6月2日号。<21世紀の国際会議で2000年前の国境線を持ち出す支那の軍人の恥ずかしさよ>。

2014年6月2日号。<21世紀の国際会議で2000年前の国境線を持ち出す支那の軍人の恥ずかしさよ>。  2時半起床。  愛車が逝ってしまった。  まもなくFacebookに写真もあがると思います。  私はもう運転をやめているので、いま乗っているわけではない。マネジャーのT-1君や彼が一緒に仕事をしている方々が使っている。私が譲ったのだ。  それがぶつけられてしまった。路上の正式な駐車場所に置いていたのに、脇見運転の車が突っ込んできたらしい。エンジンもかからないということで廃車の可能性が高い。人が乗っていなくてよかった。  ジムニーである。もう十数年前だろうか、買ったのは。軽井沢に家を建てたあと、呆然とした。車がないと生活そのものが成り立たないのだ。ときどき触れてきたが、そもそも軽井沢に住もうと思ったのが、たがみよしひささんの『軽井沢シンドローム』の影響をまともに受けたからだ。いい歳

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。