2014年3月15日号。<「天才の放牧地>理研と早稲田でルールを教えられなかった研究者との不幸な齟齬だろうか>。

2014年3月15日号。<「天才の放牧地>理研と早稲田でルールを教えられなかった研究者との不幸な齟齬だろうか>。  3時起床。大阪。  STAP細胞の発見について少なくとも論文にいくつもの疑義があることを当事者である理化学研究所が認めた。  <STAP細胞、証明できず/万能性の根拠、別画像/理研中間報告>  http://digital.asahi.com/articles/DA3S11030070.html?iref=comkiji_redirect  <新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に対し、理化学研究所は14日、「重大な過誤がある」と認めた。研究の根幹となる万能性を示す画像が、3年前に書かれた別の論文の画像と同一だったとした。野依良治理事長は「論文の疑義についておわび申し上げたい」と謝罪。STAP細胞を作製したことの具体的な根拠を示せず、証明できないと説明した。これま

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。