2014年2月28日号。<詐欺師とメディアによって造られた美談への悔悟を上書きしてくれる、仮設住宅の人々の「命のおにきり」>。

2014年2月28日号。<詐欺師とメディアによって造られた美談への悔悟を上書きしてくれる、仮設住宅の人々の「命のおにきり」>。  4時起床。  歴史上「半島」というものは、いつも騒乱のタネになることが多かった。地政学的に半島というものは、大陸にある強国の圧力を受けつつも、海に向かって開けている。海岸線は長く、外からの進入を受けやすい。これが日本のように、いっそ島であったならば、それなりの独立を保つことができるのだが。  強国からすれば、海への出口として大切なので、軍港などが多く作られてきた。「なぜこんなわずかな土地が」というような小さな半島であっても、奪い合いの対象になってきたのはそのためである。  日本も島国ながら半島を巡る攻防にかかわったことがある。日清戦争のあとの三国干渉だ。日本が得た遼東半島を返還せよとロシア、ドイツ、フランスがネジこんできたのだ。もちろん親切心でやっているわけでは

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。