2013年11月30日号。<福島から来た新米を「自分たちも少しいただこうか」。これは誰の言の葉でしょう>。

2013年11月30日号。<福島から来た新米を「自分たちも少しいただこうか」。これは誰の言の葉でしょう>。  2時半起床。大阪。  人間の身体ってやはりリズムの中で生きているんだなあ、と思う。ずいぶんと楽になった。日記をお送りしたあと『SPA!』を書き上げ、正午からジムで練習。ミットもサンドバッグ打ちも、まことに調子がいい。ロープ1900回。戻ってバンテージ洗ってシャワー浴びていると、もう空港に向かう時刻だ。  18時発の機材はB777-300(劣)。たかが1時間弱座っているだけなのに、どうして毎回こうも不愉快になるかと考えると、これもリズムを狂わされるからなんですね。まことによくできていたB777を何をトチ狂ったか「改悪」してしまう。それもどういう悪意を客に持っているのかというほど酷く。何年も乗っていたリズムが完全に狂う。  顧客を失うのにこれほど素晴らしい方法はない(嘲)老舗、名店と言

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。