2013年10月31日号。<「生活のため」ではなく65歳でコンビニで働く往年のスターは現役のころよりも美しい>。

2013年10月31日号。<「生活のため」ではなく65歳でコンビニで働く往年のスターは現役のころよりも美しい>。  4時起床。  ここ1、2週間の疲労がさすがに蓄積しているらしい。昨日、練習に行ったものの、途中からスタミナが切れて動きがえらく鈍くなる。ロープを跳ぶ前にはしばらく床にペタンと倒れていた。それでも1700回なんとか跳んで帰ったが、地下鉄の中でもう、眠くて。  これはたまにあることで、とことんスタミナを使い切るとこうなるのである。帰宅して洗濯機をまわし、シャワーを浴びたあと原稿にかかろうとするが、瞼がおりて来る。だったらいっそ少し眠ろうかと横になるも、寝つけないのだ。これも毎度のこと。机に戻って仕事を再開すると、いつのまにか出来るようになる。  この日は会食があったので、回復してよかった。算命学家の高尾嘉男さんと久々に飯を食うのである。高尾さんはもともと田中康夫さんに紹介していた

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。