2013年10月20日号。<地久節。皇后さまのお言葉から見える、いまの日本の課題とは>。

2013年10月20日号。<地久節。皇后さまのお言葉から見える、いまの日本の課題とは>。  3時半起床。  今日は地久節である、と言ってもわかる方はもう少ないのではないだろうか。皇后陛下の誕生日のことである。ちなみに天皇陛下のそれは天長節、こちらはご存じですね。  どちらもまことに美しい言葉だと思うのだが、戦後、言われなくなった。これもまたアメリカによる日本国の植民地化のひとつの象徴だ。戦前は「母の日」は地久節に祝われていた。いまの「母の日」は戦後、アメリカのそれと同じ日に改められたものである。家庭の中での祝い事にまで、毛唐の風習が持ち込まれ、日本民族が自分で決めたことが喪われていることは覚えておこう。  何だか妙な怒りのあまり、前置きが長くなった。皇后陛下の79歳の誕生日を、心からお祝い奉る。  <「大震災、どこまでも寄り添う」/皇后さま、79歳に>  http://www.asahi.

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。