2013年9月15日号。<TPPでアメリカにフリーハンドを与えると、私たちの心の中まで「占領」されかねないことを教えてくれる戦慄の署>。

2013年9月15日号。<TPPでアメリカにフリーハンドを与えると、私たちの心の中まで「占領」されかねないことを教えてくれる戦慄の署>。  4時起床。東京は雨。  木曜日からの移動につぐ移動で、さすがにくたびれている。同じ距離でも、飛行機の方がやはり疲れない気がしますね。  昨日はまず博多で『CUBE』の生放送。そのあと福岡空港から伊丹空港に飛ぶ。これが危うかった。局の近くから都市高速に乗ったのだが、ぴくりとも動かない。2キロほど先で事故があったのだ。空港に着いた時は保安検査の締め切りギリギリだった。  これで乗り遅れたら私は講演に間に合わないわけだが、そういう場合の逸失利益は本来は事故を起こした連中が払うべきだと思うんですけどね。なぜかこの国ではそいう論議が起きない。ぬるいというか、甘いというか、いい国というか。都内では毎日のように起きている鉄道の「人身事故」だってどれほどの損害を人々に

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。