2013年7月17日号。<原発を巡る本当の「除染」は周囲を汚染し尽くしてきた利権の闇に対して行われるべきだ>。

2013年7月17日号。<原発を巡る本当の「除染」は周囲を汚染し尽くしてきた利権の闇に対して行われるべきだ>。  4時起床。  最近、皮膚科に通っている。髪の生え際の帽子で擦れる場所が赤くなっていて、私は気にしないのだが、テレビ局のヘアメイクさんが毎回必ずひとこと言う。いちいち答えるのがうざったくて治してしまおうと行きはじめたのだ。  医師の家庭に生まれ育ったせいで、私は病院にまったく行かずにきた。外科的なものはともかく、風邪程度ならば家から持ってきた薬を飲んでも同じことなので。しかしこの歳になって、いろいろ診てもらう面白さに気づきだしたんですね。服を買うことに目覚めたのと軌を一にしている。ようやくオノレをかえりみだしたということだろうか。「遅すぎるでしょ!」という周囲からのため息がきこえてきそうだけど。  わかったのは、医療機関というのもホントにピンキリだということである。たまたま私は育

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。