2013年7月4日号。<エジプトとトルコで起きていることには聖俗と貧富の葛藤という共通点がある>。

2013年7月4日号。<エジプトとトルコで起きていることには聖俗と貧富の葛藤という共通点がある>。  4時起床。  我ながらコラムニストというひねくれ職業が天職だと感じるのは、自分が巻き込まれた状況を斜め上から観察することを、得難い経験だと途中から思い始めたからだ。  実にさまざまなことが見えた。この国のメディアの惨状、ウェブの衆愚ぶり、信頼できる人々への安心感などなど、いつもぼんやりと考えていたことが、そうは外れていなかったことがよくわかった。  わかったことでもうこの騒ぎは私の中ではおしまい。まあ、このあとやって来る雑誌の締め切りでネタとして少し使わせてもらうくらいかな。  私の方では手仕舞しても読売新聞が放った「面倒くさいから出ない」いう名言(笑)は予想通りバーチャル空間で暴れ回っていますね。なんであの言葉が出てきたかが、怒り狂った私の吉本興業への詰問で少しはわかってきた。あそこは脇

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。