2013年7月2日号。<ソウルの日本大使館前で日の丸を焼く連中が、どの口でひとの国のデモについて言う>。

2013年7月2日号。<ソウルの日本大使館前で日の丸を焼く連中が、どの口でひとの国のデモについて言う>。  4時起床。  こんなヤクザな人生を送っていても本当に良かったと思えるのは「まさか」と思っていた方々と交流を持てることだ。  私は自分を探しには行かないが、ずっと願っていることはそこそこかなえられるとは思っている。もっとも、そこは私にしては意外と謙虚で、敬愛する北杜夫先生がどこかで書いておられた「太陽系くらい願って、四畳半くらいかなえられる」を座右にしているが。言い言葉でしょ?私は大好き。  いつかどこかで書いたことだが、モノ書き稼業に入って最初に達成感を感じたのは、白泉社のパーティに入れてもらえた時だった。キラ星のごとき少女マンガ家の方々を仰ぎ見つつ、この仕事を選んで良かったと思ったものだ。ただのミーハーというかおたくですね、やはり。  その後、テレビの仕事などをするようになって知り

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。