2013年6月29日号。<ビンラディンの銅像を建てさせろと言う国とも諒承した国ともアメリカなら戦争だ。朴槿恵は日本なら大丈夫とナメているのか>。

2013年6月29日号。<ビンラディンの銅像を建てさせろと言う国とも諒承した国ともアメリカなら戦争だ。朴槿恵は日本なら大丈夫とナメているのか>。  3時起床。大阪。  いたずらに昔を懐かしむものではないが、昭和の御代には「ダメなものはダメ」であって「ダメなものはあってもいいが、それに淫しているようなのはダメなひと」というひとつの基準があったと思う。「そりゃあダメだろう」という文句が通って、言ったひとは周囲の拍手を浴びたものだ。  地方に講演にいったりサイン会をしたりすると「すっきりします」とよく言われる。ありがたいと思いつつも「じゃあ自分で言ったらどうなのかな」と感じているのは正直なところだ。別に独裁国家じゃないじゃん。なんでみんな「ダメもなものはダメ」と言わなくなったんだろう。それこそが時代の閉塞感なのになぜ打破しないんだろう。その一方で下品なスピーチをおおやけの場でやるような連中が出て

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。