2013年4月22日号。<こんな微妙なタイミンクでこんな微妙な場所での大地震。支那の新政権の隠しきれぬ狼狽ぶり>。

2013年4月22日号。<こんな微妙なタイミンクでこんな微妙な場所での大地震。支那の新政権の隠しきれぬ狼狽ぶり>。  2時半起床。  1週間前の『ザ・ボイス』にゲストとして来てくれ、東京電力の賠償業務の杜撰さについて話してくれた宮田賢浩さんの手記が載った『週刊朝日』がいよいよ今日、東京の一部では発売になる。キオスクで先行となるようだ。  なんで1週遅らしたのかと訝ったが黄金週間の「合併号」なんですね。週刊誌はこの号にとても力を入れて部数も多めに刷る。なぜなら2週間店頭に並ぶので、休日に飽いた人が新しい読者として手にとってもらう可能性も高いからだ。年末年始、お盆と並んで温存しておいたスクープを出す号だ。宮田さんの記事もそれを意識したのだろう。  今回の記事はひとつの「きっかけ」に過ぎない。ここから更に東電の嘘が出て来るべく宮田さんはそのための窓口を作った。  <でんこちゃんのヒ・ミ・ツ>  

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。