2013年4月21日号。<私たちはこの一瞬の「たたずまい」に過ぎないということを、今日もお送りする小説などで私は書いていきたい>。

 2013年4月21日号。<私たちはこの一瞬の「たたずまい」に過ぎないということを、今日もお送りする小説などで私は書いていきたい>。  3時起床。  『天声人語』の著者のひとりがかわったというので最近、楽しみにして読んでいる。『WiLL』の連載「あっぱれ築地をどり」のネタにするというさもしい考えではない。まあ、それもあるけど(笑)。元旦の天声人語をパリの空気から伝えて下さった前任者は、今後はパリから発信するそうで、いい会社である。私も文藝春秋じゃなくて、朝日新聞社に就職すればよかったなあ。今ごろ、いやな天声人語の書き手になっているだろうなあ。  2人いるうちのどちらが書いたのだろうか。私は新任者のような気がするが。今朝の『天声人語』も「絶品」である。  http://www.asahi.com/paper/column.html  (22日以降にお読みの方は21日の項目をクリックして下さい

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。