2013年3月9日号。<あの時代の、夏休み40日間の記憶の残滓が、いまの私の多くを形作っているのだ>。

2013年3月9日号。<あの時代の、夏休み40日間の記憶の残滓が、いまの私の多くを形作っているのだ>。  3時起床。大阪。  金曜日の、ほぼまるまる24時間が自分の手に戻ってきたのを実感する。今週、これがなければかつてないほどボクシングの練習の間があいてしまうところだった。試合までもうあまり時間がない。助かる。1週間ぶりに入ったリングではしかし、自分でも驚くほど身体にキレがあった。これならなんとか。  『SPA!』『日経パソコン』と書き上げ、もろもろの雑用も終えて17時便で伊丹。ところが、この時刻だと空港から市内まで大渋滞なんですね。もう一便遅らせても、到着はそうかわらないねと天才運転手Yさんと語り合う。新しい移動は、まだまだいろいろと試行錯誤を重ねそうだ。  マネジャーのT-1君と行きつけの店で夕食を摂る。旨い。店内の人々の視線が妙な動きをしているのは壁の高いところに取り付けられたテレビ

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。