2013年2月7日号。<今日「北方領土の日」。今こそ注視しなくてはいけないのに、あっさり無視する大マスコミの見識よ>。

2013年2月7日号。<今日「北方領土の日」。今こそ注視しなくてはいけないのに、あっさり無視する大マスコミの見識よ>。  4時半起床。  今日は北方領土の日である。  領土を巡る国民意識がこれほど高まっているのは沖縄返還のころ以来ではないか。  ひとつはもちろん尖閣諸島や竹島を巡る、支那と朝鮮の横暴があったからだ。大和魂に火をつけてくれたということでは、ありがたいと皮肉を言っておく。  その上で北方領土に関しては新しい機運が出てきた。何年ぶりかで「ひょっとしたら動き始める」可能性があるのだ。これまた皮肉なことに支那の頭の悪い膨張主義がこの可能性を生み出しているのだから面白い。  <「北方領土の日」に寄せて ロシアの「対中安保脅威」がカギ/名越健郎・拓殖大学海外事情研究所教授>  http://sankei.jp.msn.com/world/news/130206/erp1302062249

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。