2012年12月21日号。<三宅久之さんのお別れの会に集った人々と、その言葉たち>。

2012年12月21日号。<三宅久之さんのお別れの会に集った人々と、その言葉たち>。  4時起床。大阪。  呵々大笑という言葉がこれほど似合う人はいなかった。直前ににどんなに厳しいことを言っていても華やかな笑顔がすべてを上書きしてくれた。  その呵々大笑する三宅久之さんの大きな写真はANAホテルの大ホールであるプロミネンスで多くの花たちの上に掲げられていた。昨日の午前11時から『お別れの会が開催されたのである。  <「三宅さんだけが私をかばってくれた」/三宅久之さんお別れの会で安倍氏>  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121220/stt12122013280008-n1.htm  <先月15日に82歳で亡くなった政治評論家、三宅久之さんのお別れの会が20日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で開かれ、安倍晋三自民党総裁や森喜

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。