2012年12月19日号。<書いた当人にも意外な大反響の(笑)「デフレ民主主義」に関する考察>。

2012年12月19日号。<書いた当人にも意外な大反響の(笑)「デフレ民主主義」に関する考察>。  4時起床。  やっと日常が帰ってきた。  ボクシングの練習を再開。ストレッチをすると全身の筋肉が悲鳴をあげる。往復それぞれ10時間あまり小さな船の中で揺れに耐えて身体を固くしていた。選挙カーの中では同じ姿勢で手を降り続けていた。そりゃあ、身体も大変だったろう。しかし、それが徐々にほぐれて行く。  心身ともにというのはよく言ったものである。これらはお互いに相関していて、一方がいつもの状態に戻っていくと、もう片方もそれに追随する。だから私にとって身体を動かすことは必須なのだ。  ボクシングを始める前はそれが欠けていた。そのために心の状態がかなり不安定でさまざまな失敗をしてきた。よくスポーツを精神論で語る向きがあるが、根性で運動をするのではなく、自分にあった運動をしていると、心が安定して来るのだと

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。