2012年12月11日号。<那覇市での夜と朝。「限られた情報」感覚と「生まれてきたざらざらな感じ」>。

2012年12月11日号。<那覇市での夜と朝。「限られた情報」感覚と「生まれてきたざらざらな感じ」>。  3時起床。那覇市。  これを書いている途中でコンビニに新聞を買いに行く。もちろんその合間にテレビをつけていて、沖縄における情報というものの難しさについて痛感した。  その時間だからだろうか。新聞は日経新聞をのぞくと琉球新報か沖縄タイムスしかない。二つながら買ってきて投げ出した。赤旗か聖教新聞しかないようなものだ。いや「赤旗」と「紅旗」か。  論調については彼らの商売なのでもうどうこうは言わない。しかしあまりに情報量が少ない。イデオロギーのせいに加えて、あとはドメスティックなニュースばかりなのだ。  世界中を歩いていると、小さな、そして不便な国であるほど、クオリティペーパーは世界に向けて開かれている。国のトップエリートといっていい記者たちが、賢明に国際情勢を読み解いて人々に教えているので

:::::::::::
この続きをお読みいただくためには、ログインが必要になります。既存ユーザーの方はID(ご登録時のID)とメールアドレスをご入力ください。
既存ユーザーの方でログイン出来ない場合はこちらをご覧ください。
新規のご登録はこちらからどうぞ。

365日毎日お届け!『勝谷誠彦たちのxxな日々。』

コラムニスト勝谷誠彦の盟友でポリティカルコーディネーターの高橋ヨロンが、365日原則として毎朝10時までにお送りするメールマガジンです。
内容は、時事ネタから勝谷ネタ、勝谷ゆかりの豪華執筆陣によるゲストコラムなど。また、サイトログインによるバックナンバー購読や勝谷誠彦デジタルデータの閲覧などが可能となります。